サンプルサイト

地金の種類とデザイン

婚約指輪のデザインを決めるポイントはいろいろありますが、石とアームのバランスによってイメージが随分変わるので、アームのデザインは重要です。また、指の形や手の大きさによっても似合うアームは違います。さらに、地金の種類によっても雰囲気が変わります。

リングの地金の種類は、プラチナ、ゴールド、その他のゴールドがあり、それぞれに特徴があります。

「プラチナ(Pt)」は白色の金属で「白金」とも呼ばれ、熱に強く、変色やサビが少ないなどの特徴があることから、不変の愛を象徴すると言われ、婚約指輪や結婚指輪では不動の人気を誇っています。pt900=純度90%程度が適当です。

「ゴールド(Au)」は、豪奢な輝きを放つゴールドで、最近では75%に銀と銅の合金25%を混ぜ、強度や硬度、耐摩耗性を高めた18金(18K)もリングの地金として人気があります。

その他のゴールドは、ゴールドに配合する金属の種類や割合を変えることで、イエローゴールド(YG)、ホワイトゴールド(WG)、ピンクゴールド(PG)などのさまざまなカラーが生まれます。割金の種類や量によって様々な色合いが楽しめることから、個性的なリングを求める人に好まれる地金です。

アームのデザインもいろいろな種類があります。アームとは指輪の地金を使って石を支えている部分のことです。実際に指を通すリングの輪の部分にあたるところで、このデザインによって指輪の印象がガラリと変わります。以下に主なアームのデザインを紹介しておきます。

「ストレート」は、リングのアームが真っ直ぐで、最もシンプル&ベーシックなデザインです。他の指輪と重ねづけしやすいのが特徴です。
「S字」は、ゆるやかなウェーブがS字のように見える、流線型がとても美しいデザインです。
「V字」は、手の甲へ向かってV字型をしたデザインで、とてもスタイリッシュな印象の指元になります。
「X字」は、2本のリングを1ヶ所でクロスさせたデザインです。重ねづけをする場合は、細めリングを選ぶと良いでしょう。

また、アームの太さによっても印象がかなり違います。太めのアームは力強く、男性にも合うのでマリッジ向きです。細めのアームはフェミニンな女性にピッタリで、シーンを選ばずつけられるのも特徴です。
こちらおすすめサイトの 婚約指輪のデザインのページも、指輪選びの参考になるかと思います。