サンプルサイト

ダイヤモンドの4C

婚約指輪の定番であるダイヤモンドは、今も昔も不変の人気を誇る宝石の王様です。美しいダイヤモンドの婚約指輪を指にはめることに憧れている女性も多いのではないでしょうか。一生に一度の大きな買い物になりますから、後悔のないように選びたいものです。そこで、ダイヤモンドの選び方についてあらかじめ知識を得ておくことをおすすめします。

ダイヤモンドの婚約指輪を選ぶ際の目安のひとつになるのが、「4C」と呼ばれるダイヤモンドのプロフィールデータです。4Cとは、カット、カラー、カラット、クラリティの頭文字のCを取って、このように呼ばれています。4Cはダイヤモンドの価値を示していると思ってください。ダイヤの指輪を購入すると、必ず4Cを示した鑑定書がついてきます。これは、婚約指輪の保証書のようなものなので、大切に保管しておきましょう。

「CUT(カット)」は、ダイヤの光の屈折率を緻密に計算して施される研磨のことです。ダイヤ表面の研磨状態、上下・左右が対象であることなどが評価の基準となっています。最も一般的な58面カットの場合では、「Excellent」を最高とし、「Very Good」「Good」「Fair」「Poor」の5段階のグレードが定められています。ダイヤの質にこだわるならここをチェックしておきましょう。

「COLOR(カラー)」は、ダイヤの色味のことです。無色透明のDを頂点に、薄い黄色味を帯びたZまで、23段階のランクが存在します。ただ、色つきダイヤのすべての質が悪いのではなく、ピンク、ブルーなどの色のダイヤはファンシーカラーと呼ばれ、珍重されています。色は個人の好みもあるので、神経質になり過ぎず直感で選んでも良いかもしれません。

「CLARITY(クラリティ)」は、ダイヤの透明度を表わすものです。原石に含まれる不純物などの内包物(インクルージョン)やキズ、欠けなどが少ないほど、透明度が増してグレードが上がります。人気があるのは、肉眼では判別しにくいSI以上。そえ以上であれば顕微鏡でないと違いがわからないので、神経質になりすぎなくても大丈夫です。

「CARAT(カラット)」は、ダイヤの重さを示す単位です。1カラット=1ctと表記され、0.2gに相当します。大きさを表わすものではありませんが、カラットによってダイヤの直径が変わります。カラット数が高くなるほど、ダイヤが大粒になり、値段も高くなります。

良質のダイヤモンドばかりが使用されているという、こちらのハリー・ウィンストンの結婚指輪についてのページも、是非ご覧になってみてください。