サンプルサイト

似合うリングを選ぶコツ

婚約指輪は記念の品なので、似合う、似合わないはあまり関係ないように思われますが、高いお金を出して買うのであればできるだけ自分に合ったもの、気に入ったものを選びたいものです。本人が気に入ったもので、好みに合うものが一番良いですが、どのデザインにしようか悩んだ時に、決め手となるポイントを覚えておくと、最終的な決断がしやすいです。タイプ別にデザイン選定のポイントを紹介してみますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

色白の人は、ダイヤモンドと共にブルーダイヤなど、青み系の石がついたものがおすすめです。
青みがかった石は肌の白さをより一層引き立ててくれます。
地金はイエローゴールド以外の色のものが良いでしょう。
流線型、細めのフォルムのものなど、上品なデザインがおすすめです。

色黒の人は、プラチナにゴールドを合わせたタイプがおすすめです。
プラチナのみの指輪だと、健康的な肌色が浮きがちになってしまいますが、ゴールドの黄味を帯びた光が調和の役割を果たし、ナチュラルになじんで見えます。
形はボリュームのあるタイプや柄入りなどで大人のかっこよさを表現したものが似合います。
こちらのシミュレーションしながら選ぶ婚約指輪にも、情報が盛りだくさんですので、是非ご覧ください!


指が長い人は、基本的にどのようなデザインでも似合いますが、直線的で幅広なタイプがおすすめです。
指が長い分、ボリュームのあるリングがゴージャスに見えて、とても映えます。逆に細みの指輪を選んでしまうと、貧弱に見えてしまいがちなので、注意したほうが良いでしょう。

指が短い人は、V字やウェーブタイプがおすすめです。
ラインに変化があることで、リングが単純に指を直線的に横切らない形となり。指長効果を発揮します。

指が細い人は、細身のリングや細かな彫りが入った繊細なタイプがおすすめです。
華奢な指のかわいらしさをリングが引き立ててくれます。

指が太い人は、幅広で且つV字・S字・ウェーブなど、ラインに変化があるものがおすすめです。
ラインの変化が縦に大きくあるものが良いでしょう。
細身のものを選ぶと、指の太さが強調されてしまうので注意してください。

関節が太い人は、幅広やストレートのラインなどを選ぶと良いでしょう。
幅広のリングが指と関節の差を緩和してくれるので、関節の太さが気にならなくなります。
また、関節が太いとリングが回りやすいので、身に着けて気にならないデザインを選びましょう。