サンプルサイト

婚約指輪のオーダーやリフォーム

一生の記念になる婚約指輪は、自分だけのこだわりがある指輪にしたいと思っている人も多いと思います。最近はオリジナリティーを出すために、デザインや石も個性溢れるものにしたいという人が増えてきました。しかし、手軽な既製品と違って、オーダーになるとそれなりの時間と手間もかかってしまいます。時間や予算も考慮に入れ、できるだけ希望が叶えられるオーダー方法を選びましょう。

自分の好きなデザインにできるかどうか、というのは婚約指輪を選ぶ時に気になるポイントです。たとえば、ダイヤモンドを2つつけたいとか、ポイントにゴールドも加えてみたいとか、細かい希望がある人はまずショップのスタッフに相談してみましょう。海外ブランドに比べると国内ブランドのほうが比較的応用が利くことが多いようです。希望を叶えてくれるブランドを見つけたら、まずはとことん相談してみましょう。ただ、思い出のモチーフを使ったり、お母さんから譲られたダイヤモンドを加工して使ったりするようなフルオーダーになってくると、できるブランドが限られてくるので、まずは自分がどこまでオーダーしたいかというポイントを決め、それに合わせたブランドを選ぶことが大切です。

世界でたった一つ、自分だけの夢を叶えたオリジナルリングを作れるのがフルーオーダーの良さです。
自分でデザインを考え、コーディネーターに相談し、それをデザイナーが形にして職人が作りあげます。
とても時間と手間のかかる作業ですが、二人の結婚準備を盛り上げてくれることは間違いありません。
リング本体の製造方法(一般的には型に流し込む鋳造が主流ですが、
中には指輪職人が工房でプラチナの塊を溶かして作る鍛造もあります)にこだわりを見せているブランドもあります。
デザインや素材はもちろん、細やかなところまで好みのものに仕上がるのが大きな魅力です。

しかし、あれこれとやりすぎてしまう余り、時間が無駄にかかりすぎたり、
こだわりのポイントが多すぎてぼやけてしまったりすることもあるので、気をつけましょう。
自分たちが一番こだわりたいのはダイヤなのか、リングのデザインなのか、ブランドなのか、
まずはこだわりのポイントを明確にしておくことが大切です。

セミオーダーは比較的簡単に自分らしい婚約指輪を作ることができます。
ルース(裸石)とアーム(枠)を自由に組み合わせることができるので、目の前でシュミレーションできるのも安心です。
仕上がりが想像しやすいので、失敗が少なく、オリジナルの婚約指輪を作ることができます。
どのブランドでも豊富な種類を揃えていることが多いので、自分たちの理想にかなった指輪選びをすることができます。

また、お母様やお祖母様から譲り受けた思い出の指輪があって、それをリフォームしたいと考えている人もいるでしょう。
大切な指輪だけど、デザインがちょっと古くて今の自分には合わないと思う場合は、
アームのデザインを変えてみるだけでもガラッと印象が変わり、トレンドのデザインにすることが可能です。
このような場合は、フルオーダーと同じ流れになるので、作り変えの加工を得意としている工房やブランドを探して相談することをおすすめします。
ダイヤモンドの裸石だけを持っている場合も同じです。

フルオーダーやセミオーダーは大変そうだけど、既製品に少し手を加えて自分たちの個性をプラスしたものを作りたいという人も多いでしょう。
最近では、そういう希望に合わせてオプションをつけてくれるブランドも増えてきました。
指輪の内側に刻印を入れたり、ダイヤモンドの数を増やしたり、オプションと言っても意外と幅広く好みを叶えてくれるブランドもあります。
既製品を使っているため、オーダーよりも割安になるのも、結婚を控えた二人には嬉しいポイントです。
あまり費用をかけることなく、さりげないオリジナリティーを求める人にはぜひおすすめしたいオーダー方法です。
婚約指輪購入までは、だいたいこのような動きになります。後悔のないように早めに行動をはじめ、時間に余裕を持って決めることをおすすめします。
こちらのサイトの、オリジナリティあふれる魅力的な婚約指輪 のページもとても参考になりました。