サンプルサイト

ダイヤ以外の婚約指輪を選ぶコツ

婚約指輪といえばダイヤモンドというのが不変の定番ですが、最近ではまだまだ少数派ではありますが、ダイヤ以外の婚約指輪を選ぶ人も増えてきました。しかし、定番のダイヤモンドに比べると、デザインや相場に関する情報が少ないのが悩みどころです。

ダイヤ以外を選んだ人にその理由を聞いてみると、「立て爪のダイヤは普段着けるには派手すぎる」「大切な彼女への贈り物だから、彼女が好きなルビーにした」「ダイヤは高いので、値段も安くて上質なオパールを選んだ」「一生に一度だからこそ、後悔しないように個性的なものを選びたかった」などという意見が聞かれます。値段の安さとオリジナリティでダイヤ以外のものを選ぶ人が多いようです。

女性が婚約の証としてもらうものなので、女性が一番喜ぶもの、一生身に着けていられるものが一番です。彼女の希望で誕生石にするという人も最近は増えています。また、ダイヤは両親からのお下がりで持っているので、彼からの婚約指輪はダイヤ以外のものにしたいという人もいます。やはり、彼女の好みや希望を叶えられるものが一番なので、ダイヤ以外の婚約指輪を選ぶ場合は、二人でよく相談して決めることをおすすめします。

ダイヤがこれだけ不変の人気を誇っているのには、その品質や美しさに不変の素晴らしさがあるからです。そんなダイヤが一般的とされている中で、ダイヤ以外の宝石を選ぶのは、多少なりともデメリットがあります。まず、ダイヤ以外の宝石はダイヤに比べると割れやすく、壊れやすいです。そして定番ではないので、よほど気に入ったデザインでないと飽きてくる可能性もあります。デザインもダイヤ以外の婚約指輪は少ないので、選択肢が少なく、フルオーダーにするとそれなりの金額になってしまいます。このようなデメリットもあることを心に留めておきましょう。

しかし、高価なダイヤに比べると、他の宝石は比較的安くて高品質のものが買えるので、好みの宝石があれば、ダイヤを買う値段でかなり満足感の得られる指輪を買うことができます。お気に入りの宝石に好きなデザインを施したリングを、普段から愛用するというのも素敵なことです。購入前に予算や好みをよく考え、一生記念に残る素敵な婚約指輪を選びましょう。