サンプルサイト

婚約指輪はなぜダイヤモンドが多いの?

婚約指輪と言えばダイヤモンドというのが定番になっているようですが、必ずしもダイヤモンドに決まっているわけではありません。
では、なぜ多くの人がダイヤモンドを選ぶのでしょうか。
昔からそういうものだから、と何の疑問も持たずにダイヤモンドを選ぶ人もいますが、選ぶ前にその理由を知っておくと、より一層婚約指輪に対する愛着もわき、意味深さを感じることができるでしょう。

ダイヤモンドが硬い、ということは誰しも知っていることだと思います。ダイヤモンドは、天然の物質の中でも一番硬いと言われています。傷つくことなく永遠に輝き続けることから、「愛が永続的に続く」という意味につながり、婚約指輪の定番となったようです。

ダイヤモンドを売るために仕組んだ宝石屋さんの陰謀では?と思っている人もいるかもしれませんが、実は16世紀初頭のヴェネツィアの婚姻証明にダイヤモンドの婚約指輪の記載があったと伝えられています。
当時から貴重で大変高価な物だったダイヤモンドは、輝きも際立っていたため、身分の高いお金持ちの人たちから人気が出たのではないかと言われています。

また、指輪そのものがヨーロッパから始まり、魔除けとされていたようです。
このように古い歴史があることを知ると、さらに婚約指輪の重みを感じると思います。

リング(輪)は、終わりも始まりもない永遠なものという意味であり、ダイヤモンドリングとなると、ダイヤや硬くて壊れることなく、永遠に輝き続け、終わりや始まりもない永遠なものという意味になり、永遠の愛を誓う婚約指輪にはぴったりなのです。また、ダイヤモンドの無色透明さが「純潔」を意味するとも言われています。
誰にも壊すことができない固い絆とピュアな愛を象徴する、婚約にぴったりの意思がダイヤモンドだと言えるでしょう。

このような理由で、ダイヤモンドが婚約指輪の定番となっていますが、先にも述べたように決してダイヤモンドにこだわる必要はありません。真珠や誕生石などにする人も最近では増えています。